校長あいさつ・学校経営方針

笑顔いっぱい 夢いっぱい 未来へはばたけ戸塚っ子

校長 加賀谷 徳 之

 本校は、明治6年に開校し、今年度で146年目を迎えました。学校敷地内と学区内に、豊かな緑が広がる歴史と伝統のある学校です。
 学校教育目標「よく学ぶ子 つよい身体の子 きれいな心の子」を掲げ、「笑顔いっぱい、夢いっぱい、未来へはばたけ、戸塚っ子」を合言葉に、子供たちとともに、保護者・地域の皆さんと教職員が「チーム戸塚小」としてスクラムを組み、日々の教育活動に取り組んでいます。
 平成29・30年度、川口市教育委員会からの研究委嘱を受け、研究主題を「自ら考え、意欲的に取り組む児童の育成 ~ユニバーサルデザインを取り入れた算数科の授業実践~」として、実践研究を推進してきました。また、今年度からの2年間、新たに川口市教育委員会から研究委嘱を受けました。新研究主題「主体的に学び、共に高め合う児童の育成 ~児童が見方・考え方を働かせ、熱中する授業づくり~」を設定し、算数科の研究の成果を活かして国語科の研究にも取り組んでまいります。
 明るく素直な子供たち、全力で取り組む教職員、そして、保護者・地域の皆様とともに、「感動・創造・協働」できる元気な学校を目指しております。よろしくお願いいたします。
                                                               平成31年4月


学校経営方針

<学校教育目標>
 「よく学ぶ子 つよい身体の子 きれいな心の子」

<合言葉>
 「笑顔いっぱい、夢いっぱい、未来へはばたけ戸塚っ子」

<経営方針>
 (1) 子供たちを本気にさせるため全職員が本気になり、学校教育目標、目指す学校像・児童像・教師像をあらゆる教育活動の指針として、その具現化を目指していく。
 (2) 魅力ある教師(職員)となるため全職員が常に研鑽に努める。
 (3) 教育活動のねらいを見極め、少ない時間で効率的に最大限の教育効果を上げられるように取り組む。
   子供のための積極的、建設的で的確な見直しを図る
 (4)地域の教育力(学校応援団、地域人材・素材、施設、自然環境 等)を教育活動に活用し、特色ある教育活動を展開していく。
   学校を戸塚地域のコミュニティーの中心的な存在とし、保護者、地域の方々との温かい人間関係を醸成し、理解と協力を深めることに努める。

<目指す学校像・児童像・教師像>
【学校像】 学校の教育力を高め、子供を本気にさせる学校
  〇確かな学力、豊かな人間性、健康・体力をバランスよく育てる学校
  〇保護者と地域と共に歩む学校「チーム戸塚小」
  〇安全・安心で、美しく潤いのある学校
   → 児童・保護者・地域の期待に応える学校

【児童像】 自らを磨く子供
  〇自ら考え、他者と学び合い、自己の学びを磨く子供              「自分から、一生懸命に」
  〇自らを律し、自立し、相手を思いやり、自己の人間性を磨く子供      「心豊かに、ありがとう、ごめんね」
  〇明るく元気で、自他の生命を尊重し、自己の健康や体力を磨く子供     「はい元気です、だれもがあいさつ名人」
  〇戸塚に誇りをもち、愛し、地域の人・自然・社会・歴史に進んで関わる子供 「大きく胸はって、笑顔で」

【教師像】 常に自らの資質・能力を磨き、子供を本気にさせる教師
  〇子供に寄り添い、一人一人を支援し、最後まで見届ける教師
  〇共に学び、遊び、信頼関係の構築に努め、児童理解を図る教師
  〇子供の達成感や満足感のために、授業改善や指導技術の向上を図る教師
  〇心身ともに健康で、いつでも笑顔で子供に接する教師
  〇問題に気付き、自ら動くことができる教師
  〇人間性を磨く教師(誠実さ、謙虚さ、向上心、礼儀、身だしなみ 等)
  ○当たり前のことを当たり前に徹底できる教師

 ※<経営方針>、<目指す学校像・児童像・教師像>は、昨年度のものをよりよい方向へ全て変更しています。          平成31年4月


令和元年度 戸塚小グランドデザイン