川口市立芝南小学校 グリーンカーテンプロジェクト

2月8日(日) グリーンカーテン2015始動! 土おこし

 昨年度、大成功に終わったグリーンカーテン。カーテンを下ろしてからやく4か月。今年も芝南小にグリーンカーテンが帰ってきます。  今日はその活動の第一回目。グリーンカーテンの土を掘って空気を入れることで、眠っている土の中の小さな生き物たちを起こします。
 掘ったところに生えていた雑草を取りのぞきます。こんな寒さでも、畑には雑草がびっしりと生えていました。とても強い生命力ですね。  前日に作業をしておいたこともあり、スムーズに作業は終わりました。ご参加いただいた親路の会のみなさん、ありがとうございました。
 片付けをしながら、コンポストの中身を見てみることにしました。これがもとはミカンの皮だったのです。これが栄養のある土になります。  これに、腐葉土があればとてもいい土ができます。たくさんできたら、グリーンカーテンや学年園で使ってみたいですね。これからが楽しみです。


3月29日(日) グリーンカーテンの土づくり

 今日は今年2度目の作業、土づくりが行われました。今年になってから職場を異動され、遠くから来てくださったた会員さんや卒業生の父親の会員さんも来ていただいています。ありがとうございます。  前回の作業で、草むしりなどをして整理したはずの花壇にはすでに雑草が生い茂っていたので、それを抜く作業から始めます。
 スコップを使って土を掘り返したところに、腐葉土と牛ふんをまいて混ぜていきます。今日は手作業に加えて、耕運機も投入されました。  こちらでは、クワの木の移植作業が行われています。今回は「根回し」といって、根を掘りあげ、根の皮を少しだけむく作業をしました。こうすることで、より多く新しい根を出すことができるそうです。
 こちらは大きな木を引き抜く作業をしています。自然に生えたと思われる木でしたが、新しいグリーンカーテンネットには干渉してしまうため、許可を得て抜くことにしました。  枝のように太くなった根を切断して、ロープを使って引きます。格闘すること約1時間。ようやく大きな木を引き抜くことができました。
 コンポストの中に入っていたみかんの皮だった土も、コンポストから出して畑にまきました。中には太いミミズもたくさんいました。とても栄養のある土になっている証拠ですね。  午前中で作業は終了しました。親路の会の方々、お疲れ様でした。4月から始まる来年度も、校舎の壁を緑に飾ってください。よろしくお願いします!


4月12日(日) グリーンカーテンの土づくり

 12日はグリーンカーテンの土を耕す作業がありました。実は先週の4日に予定されていたのですが、雨の日が続いてしまい作業ができなかったため、今日になってしまいました。  前回耕した土はとても柔らかくて、スコップを刺すと簡単に深いところまで届きます。土の中にはとてもきれいなミミズが何匹もいるのを見ることができました。とても良い土ができそうですね。
 前回根回しをしたクワの木も、若葉がつき始めました。今のところ前回施した作業での、「枯れる」「元気がない」といった悪い影響は出ていないようです。  今回は土を掘り返す作業だけでしたので、約1時間ほどで終わりました。参加された親路の会の方々、ありがとうございました。


4月19日(日) グリーンカーテンの土づくり

 先週に引き続き、グリーンカーテンの土を掘り起こす作業を、19日の日曜日に行いました。午前9時からの作業にもかかわらず、多くの方に参加していただきました。  畑の土にまいてある牛ふん肥料の発酵を早めるために、土を掘り起こして空気を入れていきます。掘っているうちに出てきたコガネムシの幼虫は、植物の根を食べてしまうので取りのぞいていきます。
 掘っている間に何匹ものミミズが出てきました。徐々に数が増えているようです。  土を掘り起こす作業は後片付けを含めて1時間少々で終わりました。ご協力ありがとうございました。


4月25日(土) グリーンカーテンネット張り

 2月から始動した2015年のグリーンカーテンプロジェクト。この日はついにネットが校舎にかかります。作業のために、朝9時から親路の会の会員さんたちが集まりました。  今日のメインは、屋上からグリーンカーテンのネットを下ろして、校舎を緑のカーテンをかける準備をすることです。まず最初に、倉庫にしまってあったグリーンカーテンネットを屋上まで運びます。
 たて15m、横60mと、市内だけでなく県内でも屈指と言われる巨大カーテン。大きいだけでなく、とても重量があります。これを階段を使って4階まで運ぶのは一苦労です。頑張れ、オヤジたち!  屋上まで出てきました。作業をするのにはちょうどよい好天に恵まれました。高所での危険が伴う作業もあるため、これ以上風が強くならないかが少し心配です。
 ネットを実際にかける位置で拡げます。長さだけでもこれだけあるんですよ。この大きなネットは、何枚かのネットをロープを使ってつなげたものです。  いよいよフェンスを越える作業が始まります。どうしてもフェンスの中からでは手が届かない場所では、ヘルメットと安全帯を装備したスタッフが、フェンスの外で作業をします。安全第一でお願いしますね!
 カーテンネットがフェンスを越えます。フェンスの内側と外側、さらには校舎の1階で指示を出しているスタッフが、無線で連絡を取りながら作業をします。  ネットを下ろす位置が決まりました。ここからはネットの上の端を校舎に固定していきます。さすが2年目のグリーンカーテン。次々と作業が進んでいきます。
 ネットが校舎にロープで固定されて、屋上からネットが下ろされていきます。ついに緑のカーテンが姿を現しました!  …しかし、そう簡単には作業は進みません。所々でネットが下りないところがあるので、1階から無線で指示を出して直していきます。
 作業開始から約50分。無事東側のネットが下りました。すでにこのとなりのネットも下り始めています。昨年よりも速いペースでネットが下りていますね。  ネットの西端も下ろされていきます。まもなく全てのカーテンネットが校舎を覆うことになります。…そろそろここで休憩の時間ですかね。
 今年のネット張り作業には、5年生の児童2名が親路の会の活動に参加してくれました。教頭先生から託された差し入れのジュースを、屋上に届ける大切なお仕事を任されました。  一息入れた後、ネットの下端のロープを、地上のアンカーに固定する作業が始まります。今日のネット張りは午前中に終わるペースで進んでいますね。
 昨年コンクリートに穴を開けて、ケミカルで固定したアンカーにもネットを固定していきます。昨年は大変な作業でしたね。  今年のグリーンカーテンは、ネットを校舎側に沿わせるように、2階のバルコニーで固定しています。これで、蔓の誘因作業や、収穫作業が楽になることが期待されています。
 昨年は切るかどうかで揺れた、学童前のクワの木も、今年はできるだけネットにかからないように処理がされています。これも匠の心遣い…。  後片付けも含め、12時30分にはネット張りの作業が終了しました。昼食を挟んで、午後には定例の土つくり作業も行われました。
 途中から参戦してくれた5年生の女の子が、一輪車を使って後片付けを手伝ってくれました。転倒しないように気をつけて、倉庫まで安全運転でお願いします! 親路の会のみなさん、1日に渡る作業、お疲れ様でした。これで5月16日の苗植えが楽しみになりましたね。


5月9日(土) グリーンカーテンの土づくり

 5月に入って、気温もぐんぐん上がってきました。連休中の3日、連休明けの9日にもグリーンカーテンの土をおこす作業が行われました。  9日はグリーンカーテン周辺の除草作業も同時に行われました。
 作業に参加していただいた会員のみなさんのおかげでとてもきれいになりました。ありがとうございました。

 5月16日はグリーンカーテンの苗植え作業が行われます。児童や保護者の方々の参加も大歓迎です。ぜひご参加ください。
グリーンカーテンの苗植え
日時:5月16日(土)(雨天時17日(日))
    午前10時集合 2時間程度を予定
参加費:無料
持ち物:軍手(作業手袋)、タオル、飲み物

詳しくはこちらをご覧ください。


5月16日(土) グリーンカーテン苗植え

 16日はグリーンカーテンの苗植えです。天気が心配されましたが、10時前には降り続いていた雨も上がりました。みんなの願いが通じました。  雨の影響で、30分遅れの10時30分開始となりました。雨が上がったのを確認してから学校に来た人にはラッキーでしたね。
 今日植えるための苗を、用意しました。今日植える苗は、ヘチマ、ゴーヤ、キュウリ、アサガオ、その他にも、お楽しみの苗があるそうですよ。  子どもたちも集まってきたところで、開始の時間になりました。PTA会長さんからのあいさつです。
 今日の苗植えには校長先生も出席してくださいました。校長先生からのあいさつです。  グリーンカーテンチームのリーダーから、苗植えについてのアドバイスがありました。
 苗は二本の指で挟むようにしてから、苗を逆さにしてからポットの後ろを押すようにしてポットから出します。  苗を植える前に…みんながそろっている時点で記念撮影です。これから苗を植えていきます。
 まず、苗を植えるための穴を掘ります。次にポットから苗を出して、その苗を穴の中に植えます。最後に土をかけてできあがりです。  苗の本数がたくさんあるので、一人あたり2本から4本くらいの苗を植えてもらいました。その中から、お気に入りの苗に自分の名札をつけてもらいました。
 参加した子どもたちは、「この小さい苗がどこまで伸びるだろう。」と、想像しながら植えていたようです。屋上まで伸びるといいですね。  予定よりも大幅に早く、苗植えは終了しました。今年は、デイサービスの前の畑を、4年生が植えるゴーヤのために空けておきました。
 この日はケーブルテレビの取材が入っていました。緊張の面持ちでインタビューを受けているのは校長先生です。  児童を代表して、栽培委員会の6年生にインタビューを受けてもらいました。とてもしっかりと、笑顔でインタビューを受けていました。
 3年生の女子のインタビュー。2度目の挑戦でとてもいい映像が撮れました。とても頑張りましたね。このもようは、JCOMさんで19日の18時から放映される予定です。  今年も、みんなで育てる芝南のグリーンカーテン。子どもたちが植えてくれた苗が、夏の日差しを遮るカーテンに育つよう、みんなで見守っていきましょう。本日はありがとうございました。


5月23日(土) ネットの定期点検と摘心

 23日は午前と午後の二本立てで作業が行われました。午前中はネットの点検作業でした。市内最大のネットは高さが15m、幅50mもあり、ネットの重さもかなり重くなっています。  それを支えているのが、主に屋上で結束されているロープです。そのロープが緩んでいないかを毎月1度、1本1本入念に調べていきます。安全帯と命綱を付けた大変な作業です。
 日差しが弱くなってきた午後4時。摘心の作業と灌水ホースの改良工事が行われました。摘心とは、まっすぐ上に伸びていく植物のいちばん上にある芽を、つるを摘みとってしまうことです。  上の芽がなくなってしまったら、大きくならないのでは…?その栄養は横に枝分かれしている茎や葉にまわって横へと拡がります。こうすることでより大きなカーテンにするために芽を摘んでいるのです。
 灌水ホースは、人がいない間でも水やりができるように、決められた時間になると水をまくような仕組みになっています。  しかし、水の量の調節が思うようにいかず、水道付近の畑では水の勢いが強すぎて、畑以外のところにも水をまいてしまっているようです。
 みんなで考えていると、良い考えをおもちの人が会員さんの中にいました。それは、ホースの位置を高くすれば、水の方向を調節できるのでは?と、いうものでした。ホースの位置を高くして水をまくと…。  確かに水はきれいに畑に落ちるようになりました。このアイディアを出してくれた会員さんは、水の関係のお仕事をされているそうです。いろいろな技を持っている人が集まった、親路の会ならではのエピソードになりました。今週もありがとうございました。


6月20日(土) ネットの定期点検

 20日はグリーンカーテンネットの定期点検作業がありました。今回も除草や追肥の他に、屋上に上がっての作業を行いました。  屋上での作業は、手すりの外側で行われるため、転落防止のために安全帯を装備しての作業となります。
 グリーンカーテンのネットは、ネットの重さだけでも30kg以上はあります。そこに植物がからんでいくので、それ以上に重くなっていきます。  それを支えている50本のロープを点検していきます。校舎と接触する部分には補強をして、ロープとネットを保護していきます。
 点検中に、ネットの破れを発見しました。今年は昨年に比べて、ネットを校舎に近づけているので、ネットと校舎が接触してしまったようです。  破れてしまったところの寸法を確認しました。次回の作業で補修を行う予定です。毎月の点検がとても重要であることを再確認しました。
 植物も2階にあと少しのところまで来ています。足下に目を向けると、アサガオが白い花を咲かせているのを見ることができました。  芝南小の教室を、夏の強い日差しや暑さから守るために、親路の会の人たちは今日も動いてくださいました。ありがとうございました。


7月19日(日) ネットの定期点検

 19日は朝からネットの定期点検を行いました。毎月のネット点検も今回で3度目になります。川口市の午前9時の気温が30℃と発表になっており、とても暑い中の点検となりました。  ネット点検の最初は屋上のロープ点検から始まります。先日の台風接近の際には、強風でグリーンカーテン全体があおられていたそうです。ロープをひとつひとつ触って確かめます。
 作業開始時に見えていた富士山は、雲がかかって見えなくなってしまいました。ロープは異常なし。続いてネットの補修作業に入ります。  前回の点検で、ネットが風で揺られるなどして校舎と接触する部分があり、そこが破損していることがわかりました。その部分を補修します。
 補修が完了したら、植物の誘引に移ります。ネットにつるや茎をからませて、伸びていってくれればよいのですが、中にはネットから外れてしまったり、他のものに絡まっているものもあります。  それらを解いて、ネットに絡ませる作業が誘引です。これでネットにそって葉や茎を伸ばすことができるようになります。各階の教室をまわって、この作業を続けていきます。
 植物の高さはおよそ3階くらいまで来ています。2階の教室では、すでに緑のカーテンができあがっているところもありますね。これなら日中の日差しもおさえることができそうです。  学校は夏休みに入りましたが、グリーンカーテンの植物たちはこれからが伸び盛り。9月には大きなカーテンとなって、厳しい暑さをやわらげてくれることと思います。


8月8日(土) 摘心と誘引作業

 日中の気温がとても高く、芝南小学校のある川口市も8日連続35℃を超える日が続いています。そんな中、夕方からグリーンカーテンの作業をしました。集まってくださった皆様、ありがとうございます。  今日のメニューは、前回も行った誘引と、植物の先端の芽を摘んで成長を調整する摘心の作業。実の収穫も同時並行で行っていきます。
 ネットから外れて、絡みつくことができないヘチマが垂れ下がっていたのを救出します。3階から下ろしたビニールロープに、2階のベランダから手を伸ばしてヘチマを結び、3階から引き上げます。  何本かのアサガオは、2階から下の葉が枯れてきているものもあり、葉が寂しくなってしまっているところもあります。摘心をすることで、もう一度葉が生えてくることもあるそうです。
 摘心をしたところには、黄色のビニールテープでしるしを付けていきます。猛烈な暑さのためか、植物も少々元気がないように見えました。暑さがもう少し落ち着けば、また元気に伸びていくことでしょう。  さて問題です。学童保育室の前に1つだけなっていた丸い実を見た人も多いことと思います。あれは何だったのでしょう?先生もたくさんの人から聞かれたのですが、その答えは…?
 なんとメロンでした。この日に収穫をして、その後行われた流しそうめんの準備の時にみんなでいただきました。ほんのり甘く、売っているメロンと同じ食感でした。  今日の作業は2時間30分。こんなに暑い中、長い時間お疲れ様でした。次回のロープ点検は、22日の朝を予定しているそうです。またよろしくお願いします。


8月14日(金) 屋上に到達

 8月に入ってからは記録的な暑さが続いています。ツルレイシ(ゴーヤ)などは、暑ければ暑いほど伸びていくと言われていますが、学校のグリーンカーテンはどうでしょう?  よく見てみると…、西洋アサガオが屋上に到達していました。昨年に続いて2年連続。昨年より2日ほど早い屋上到達になりました。この暑い中、頑張りましたね。
 今年はデイサービス側のゴーヤがとても元気です。植えてある本数は少ないのですが、他の植物に負けないくらい繁っています。そして、この緑色の濃さを見てください。  こちら側は児童の教室がある方のゴーヤなのですが、明らかに葉の緑の色が違ってきています。デイサービスのほうが全体的に緑色が濃くなっているのがわかりますか?
 実を収穫してきました。左がデイサービス側、右が教室側です。やや左側の方が大きい実がついている印象ですね。  8月も後半戦に突入します。ここからもぐんぐん伸びて、9月には4階までの立派な緑のカーテンができることを期待しています。


8月22日(土) ネットの定期点検と誘引作業

 流しそうめん大会が行われた22日に、会場の準備と並行して、グリーンカーテンネットの定期点検を行いました。  14日に屋上に到達したことが確認されたアサガオも、これだけ伸びてきました。これから続々と屋上に到達することが期待できますね。
 流しそうめん大会が終わると、今度は植物の誘引作業を行います。4階の教室から植物の様子を見ていきます。  夏休みの間に、教室の窓が少し変わりました。窓を全開にすると、人が入れるほどの大きさになってしまい、転落の危険があります。
 そこで窓のレールに金具を取り付けて、窓の開く大きさを小さくしました。金具は教室棟の全教室に取り付けが完了しています。  トイレの前に伸びてきているアサガオの茎をネットから外して、伸びていってほしい教室の方向へ導きます。
 前回8日の作業では、アサガオの摘心も行いました。これは8日の写真です。摘心したところには、このように黄色いテープを貼っておきました。  22日の写真です。黄色いテープのところからかなり伸びているのがわかりますね。
 左下に黄色いテープが貼ってあるのがわかりますか?この猛暑の中でも、植物の生命力を感じます。屋上にも届いてしまうのも納得ですね。  もうすぐ新学期。まだまだ強い日差しを遮るために、グリーンカーテンの植物にはもう少し頑張ってもらいましょう。親路の会のみなさん、ありがとうございました。


9月19日(土) ネットの定期点検と誘引作業

 9月の声を聞いたとたん、気温が徐々に下がってきて、秋の気配が感じられるようになってきました。グリーンカーテンもその役目を終えようとしています。  屋上の様子です。涼しい時期になっても花が咲き続けている西洋アサガオは、9月になっても成長を続けていました。
 3階教室から見たグリーンカーテンの様子です。隙間なく葉でおおわれていて、これなら日差しが強くても快適に過ごすことができそうですね。  グリーンカーテンの撤収が10月17日(土)に決まりました。月に1度行ってきたネットの点検は、今日が最後となります。


10月25日(日) グリーンカーテン撤収作業 〜今年もありがとう!グリーンカーテン

 教室内に入り込む、厳しい夏の日差しをやわらげ、校舎を鮮やかな緑色で飾ってくれたグリーンカーテンも、終わりの季節を迎えました。  今年も屋上まで伸びた植物たち。西洋アサガオはまだまだ元気に花を咲かせていましたが、今日25日にカーテンを取り外す作業を行いました。
 朝9時30分に集合して、屋上班と地上班に分かれて作業が始まりました。屋上ではグリーンカーテンを下げていくためのPPロープが張られていきます。  PPロープを取り付けたら、今までカーテンを支えていたロープを外していきます。ロープと接触するところを守るため、養生テープも貼っていきます。
 地上では、手の届くところからつるや茎を外す作業が始まっていました。今日はたくさんの子どもたちが集まってくれました。ありがとうございます!  ヘチマやゴーヤはもう枯れているのでネットから外すのは比較的簡単です。ですが、今日も咲いている西洋アサガオは…
 西洋アサガオは、くきがまだみずみずしく、ネットにしっかりと巻き付いているため、ネットから外すのがとても大変です。  ネットを降ろす作業が始まりました。降ろしている間は、危険なのでネットから離れて作業を見守ります。屋上からは人力で降ろしているので大変です。
 ネットは少しずつ、何回かに分けて地上に到達します。その間に植物のつるや茎をネットから外す作業をしていきます。時間との戦いです。  途中で校舎から出ているものにネットが引っかかってしまい、降りなくなってしまうところもありました。こんなときは、校舎の中から直します。
 2時間以上かけて、ようやく全てのネットが外れました。ここから片付けが始まります。みなさん、もう少し頑張りましょう!  ネットは折りたたんで、イベント倉庫にしまっておきます。その前に…、校庭で一度広げて最後のゴミ取りをします。
 運搬は5年生の男子が中心に頑張ってくれました!重たいネットの乗っている一輪車の操縦はちょっと難しいですが、無事に倉庫にしまうことができました。  0時30分過ぎに作業が終わりました。お手伝いに来てくれた方々のおかげで、予定していたよりもかなり早く終わることができました。
 グリーンカーテンのない校舎をバックに記念撮影をしました。また来年もすてきなグリーンカーテンをみんなで作りたいですね。  こうして2年目のグリーンカーテンが終わりました。親路の会を中心に、多くの方々が関わって、すてきな取り組みができたと思います。本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします!


12月12日(土) 来年のプロジェクトへ

 2015年のグリーンカーテンプロジェクトも大成功に終わりましたが、親路の会の方々は次のシーズンに向けて行動を始めています。  今日は落ち葉をためておくスペースを作りました。場所は校庭の西側、飼育小屋の隣のフェンスで囲われた場所の一角です。
 落ち葉は、土の中に住む小さな生物たちの力で分解され、栄養のある土に変わります。こうしてできた腐葉土を使って、来年以降のグリーンカーテンに生かそうという試みです。  いつもなら捨てられてゴミになってしまう落ち葉も、こうすることで再利用することができ、二酸化炭素の排出量削減にもつながります。栄養たっぷりのよい土ができるといいですね。