学校紹介

学校経営方針

 日本国憲法、教育基本法、各教育関係法令、学習指導要領に基づき、埼玉県教育委員会及び川口市教育委員会の教育行政重点施策に則り、教育に関する3つの達成目標を踏まえ、知・徳・体の調和のとれた児童の育成を目指す。そのために、次のことを基本として、学校経営を進める。

(1) 児童に生きる力をはぐくむことを目指し、基礎・基本を徹底し、自ら学び自ら考える力などを育成することにより、確かな学力の定着・向上を図るとともに、豊かな人間性やたくましく生きるための健康や体力の育成を図る。
(2) 地域や学校の実態及び児童の心身の発達段階や特性を考慮した、適切な教育課程の編成・実施・評価を行い、その改善に努める。
(3) 全教職員の共通理解の下、学校経営への積極的な参加を図り、学校、学年、学級の一貫した教育に努める。
(4) 教員の資質向上を目指し、経験に応じた研修の充実を図るとともに、学校の教育課題を明確にして、校内研修を積極的に推進する。
(5) 学校としての説明責任を果たし、家庭や地域との連携を深め、開かれた学校づくりに努める。
(6)  小・中学校9年間の学びや育ちを重視した教育を推進する。小1プロブレム(遊びから学びに変わるギャップの大きさ)や中1ギャップの解消をめざして、保幼小中連携を進める。


学校教育目標
 
   心豊かに たくましく生きる子どもの育成 キャッチフレーズ“あいさつと笑顔あふれる神根小”


めざす子ども像

    かしこい子 ・・・・・・・よく見て、よく聞いて、よく考える子
 
                       自分の考えを持ち、ものの道理、善悪を正しく判断し行動する子

    みんな仲良く助け合う子・・互いに認め合い、磨き合い、高め合う子
                    豊かな感性に満ち、美しいものや自然に感動する子

    ねばりづよい子・・・・・・心身ともにたくましく、最後までがんばりぬく子
                    自分の目標を持ち、ねばりづよく続けられる子


めざす学校像

子どもたちが生き生きと輝き、保護者・地域に信頼される学校

めざす教師像

・強い使命感をもち、確かな指導力の向上に努める教師

 ・子どもの思いを受け止め、よさや可能性を伸ばす教師

 ・心身ともに健康で、心豊かな人間性あふれる教師

校章について

校章 〔由来〕
川口市のマークの周囲に入学時にさきほこる桜の花びらと、勉強の象徴であるペンを配し、神根の神の字を入れている。


 校歌
          校歌の再生♪ クリックすると校歌が聴けます






TOP